注文住宅でこだわりを

注文住宅の施工会社を調査

トップ / 注文住宅の施工会社を調査

注文住宅を選択する魅力 

注文住宅は一般的な工期が非常に長く、手間が掛かる点で分譲住宅より不利に思われる面も存在しますが、住む人が理想の住宅を入手する為に最も優れた選択肢となります。特に自由度の高さが特徴的であり、家のどの部分を重視するのかを予め決めておけば、満足度の高い住宅建築が実現しやすいというメリットを持ちます。部屋の間取りや空間設計といった基礎構造だけでなく、耐震性などのパラメータを確保したい状況では分譲住宅より遥かに有利です。また、こだわりのある部分に費用を集中できるのが注文住宅を選択する魅力であると言えるでしょう。

日本の気候や風土に合う木の家 

鉄筋コンクリート構造の建物が増えて木造住宅の数は減ってきましたが、やはり日本人にとっては木の家が合っています。その秘密は材料となる木材にあります。木材は熱を伝えにくく断熱性に優れています。湿度が高くなれば湿気を吸い、乾燥すれば水分を放出する作用もあります。クッション性に富み衝撃緩和材の役目も果たします。木材が発する香りには防虫効果もあります。このような性質を持つ木材を使った木の家は四季の区別が明確で、地震が多い日本にとってはとても理にかなった家ということができます。

不動産とその価値の情報