安定した私設年金を

私設年金で老後に備える

トップ / 私設年金で老後に備える

私設年金はマンション投資で 

公的年金の問題に関するニュースが毎日のように取り沙汰される今日この頃、多くの人が老後の生活に不安を感じています。若い世代も、公的年金以外に「私設年金」と言えるものを考えておかねばならないご時世となっています。そんな中で、おすすめの私設年金として最近よく話題となっているのが、マンションなどの不動産投資です。現役時代にワンルームマンションなどの手頃な価格のマンションを投資用として購入して賃貸とし、定年前にローンを完済しておけば、定年後は安定した家賃収入を得る事ができます。

収益物件の出口戦略について 

収益物件の魅力は、安定した家賃収入ですが、資産そのものの価値が下がってしまっては、投資としての魅力も半減です。 修繕費などの維持コストが増え始めたり、減価償却費が減って税負担が大きくなるなど、投資としての魅力が落ちてきたら、新しい投資先への買い換えも視野に入れる必要があります。 ただし、自分の物件が高く売れるときは、相場全体が上がっている局面の場合が多いので、買い換えは少しタイミングをずらすのがコツです。 高く売って、次の収益物件をリーズナブルに買うためには、投資先をじっくり吟味して待ちましょう。

不動産とその価値の情報