太陽光発電で利益を

太陽光発電で活用する

トップ / 太陽光発電で活用する

農地を太陽光発電に利用する農家 

最近は安い野菜が海外から輸入されてしまう事と、農業を行う人の高齢化などにより、農業を辞めてしまう農家が増えています。しかし、辞めてしまっただけでは利益を生むことができないため、そのような農家の余った農地を有効に利用するため、太陽光発電パネルを設置する農家が増えています。日本では現在、自然エネルギーなどで発電した電気は電力会社が一定の金額で買い上げなければいけない制度になっています。その為、作物ができなければ利益を生まない農地であっても、太陽光発電パネルを設置するだけで利益を生むことができます。

太陽光発電投資の税金 

東日本大震災で、それまで当たり前に使っていたライフラインの一つ、電気の供給が、当たり前ではなくなり、以前からあった太陽光発電投資が一躍脚光を浴びるようになりました。 太陽光発電は、自然環境に影響されるため、費用対効果、投資効率の観点から普及が遅れていたものを、売電価格の固定化、補助金や税制面の優遇で一気に普及が加速し、発電設備のコストも徐々に下がったため、補助金や税制の見直し、買取価格の引き下げが行われています。 太陽光発電投資は、完成の見込み時点における税制や補助金、電気の買取価格を確認すると安心です。

不動産とその価値の情報